本文へスキップ

主にある豊かな交わりの場 軽井沢バイブルハウス

Karuizawa BibleHouse

電話でのお問い合わせはTEL.0267-42-3626


軽井沢バイブルハウスの歴史・経緯

1958年〜 軽井沢での働きのはじまり   

1958年の春、高崎で生まれた長女ルツと富山で生まれた長男ハラルドとともにステッカ兄姉は再び軽井沢に戻り、ドイツの団体がテーテンス夫妻から購入した古い家に住むことになる。

ずっと軽井沢に住む考えはその頃はまだなく、とりあえず松井田、磯部、安中方面で子どもの集会や家庭集会を中心にした働きを始めていた。

将来の導きを求めながら、ある日、バラック式の、つまり、簡単に組立て、また解体もできるような小さな家を建てたらどうかという考えが浮かんできた。子どものための集会はおもに公民館などを借りて行っていたのだが、そのような組立式の家があれば、土地だけ一定の間借りながら、もっと自由に働きができるのではないかと考えたのだった。

そのアイデアを実現させようと、小屋の部品を作りあげているとき、ひとりの宣教師夫人がステッカ兄姉を訪ねてきた。おもに女子高校生に対する伝道に重荷を持っていたこの夫人は、小屋の話を聞くともうひとつ別の意見を出してきた。それは、この家を軽井沢の土地に建てて、夏に人々をここに招いて聖書の話をするのはどうか、というものだった。つまりバイブルキャンプの働きのことであった。

ステッカ兄姉もこの働きについてはまったく考えていなかったわけではなかったので、その話を聞いて、とりあえず一度やってみようと行動を始めた。専門家にお願いして、現ホサナホームがある場所にブロックで土台を作ってもらい、その上に例の小さな組立式の家を建てた。


information店舗情報


軽井沢バイブルハウス

〒389-0102
長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1016-45
TEL.0267-42-3626
FAX.0267-42-3626
→アクセス